MacWin Ver.1.0

Home > スポンサー広告 > ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/381-221ebf69
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MacWin Ver.0.7

Home > スポンサー広告 > ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。

Home > メディアプレーヤー > ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。

ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。

IMG_8780_20111208220653.jpg

あのオリンパスより販売されているポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」のレビューです。テレビはつまらない(映像の仕事をしてますがw)、音楽も聴き飽き、ふとラジオが聞きたくなったので「iTunesで管理できる形式で録音ができる製品」を探してみました。

PCで録音するタイプの製品とも迷いましたが、停電時でも使えるポータブルタイプの「OLYMPUS PJ-20」を買ってみる事にしました。

ラジオ視聴・録音、ICレコーダー機能付きポータブルラジオサーバー

IMG_8764.jpg IMG_8767.jpg
「OLYMPUS PJ-20」はラジオの視聴・録音、ICレコーダー機能付きのポータブルラジオサーバー。ちなみにmp3なども再生でき、音楽プレーヤーとしても使えます(使いませんが)。この端末には大きく分けて、3つのモードがあります。

【AMラジオ】AMラジオの視聴、録音をする事ができます。
【FMラジオ】FMラジオの視聴、録音をする事ができます。
【プレーヤー】録音したラジオや、PCからコピーしたmp3などの音楽ファイルの再生。ICレコーダー機能。

内蔵メモリーは4GB、microSDカードは32GBまで対応。ラジオ録音形式はMP3(ステレオ128kbps/モノラル48kbps)。microSDカードは余っていた16GBを使っています。16GBもあれば、ステレオ128kbpsで約266時間も録音出来るので長い間放置しておけます。

液晶は上下左右の視野角が狭いですが、手元で操作する分には全く問題ありません。内蔵スピーカーの音は、言葉もしっかり聞き取れて、筐体が小さい割には良い方だと思います。バッテリーは充電式(ニッケル水素充電池2本)で、USB充電にも対応しているので外部バッテリーから給電でき、停電時などにも役にたちます。

他にも語学学習に便利な「部分リピート再生」「インデックスマーク」「逆スキップ再生」機能や、レジューム再生、目覚まし機能などがあります。

一ヶ月使ってみたところ、ICレコーダーとして使う可能性がある時だけ持ち出して、普段は自宅のアンテナステーションに鎮座。予約だけして基本は放置。定期的にPCに繋ぎ、iTunesにファイルを移動して、iPadで視聴というスタイルに落ち着きました。

受信感度は良好

IMG_8779.jpg
受信感度は10年以上前のMDコンポとの比較となります。自宅にあるMDコンポではラジオの電波を受信しづらく、特にAMはノイズが酷くて聞くに耐えられません。一方「OLYMPUS PJ-20」は、クレードル型アンテナステーション(FM:付属のFMアンテナ(F端子からの入力も可能)、AM:付属のループアンテナ)で受信した場合、FM・AM共にMDコンポと比べて明らかにノイズが少なく、ちゃんと言葉が聞き取れます。

会社(ビルの7Fで窓側)にアンテナステーションを持って来て実験してみましたが、FM・AM共にほとんどノイズなくクリアに視聴することができました。会社に設置したい…。

また外に持ち出した場合、FMはイヤホンがアンテナ代わりに、AMは内蔵アンテナで受信するのですが、アンテナステーション程ではないものの、割とクリアに受信します。

操作性は悪い

IMG_8781.jpg
「ラジオを聞く」という目的は操作が少なく、簡単に達成出来るのですが、「ICレコーダー機能」を使うにはモードを変更する必要があったり、「録音したラジオを聞く」には検索という余計な行程を踏んでから目的のファイルに辿り着かなくてはならなく面倒です。もっとユーザビリティに配慮して欲しかった…。

例:「録音したラジオを聞く」までのフロー
モード「プレーヤー」に移動→「リスト」ボタン→「フォルダ検索」→「フォルダ」→「録音したファイル」

予約も少し面倒。ラジオなのでTVやレコーダーのように自動受信する番組表というものが無いので、時間や曜日指定、保存先指定など一つ一つ設定しなければなりません。EPG(電子番組ガイド)がまだ無かった時代のVHSでの予約録画を思い出しました。PCの専用アプリケーションでも予約管理できますが、本体側と予約操作は大して変わらないのであまり意味がないような気がします。

録音ファイルの保存先ですが、番組別にフォルダを分けたい場合はPCで内蔵メモリーやmicroSDをマウントさせて、フォルダを作成する必要あります。本体からはフォルダ作成は出来ません。PCでフォルダを作った後に、本体あるいはPCの専用アプリケーションで予約録画の保存先を指定します。

即効性の無いICレコーダー機能

機能的にはシンプルなICレコーダー機能。沈黙の多い会議などで役立つ、大きな音声を感知すると自動的に録音が始まる「音声起動録音」がありますがそれ以外に目立った機能はありません。

録音時の「サー音」は少し気になります。より高音質を求めるなら外部マイクが必要です(と言ってもビットレートが最大128kbpsですが)。ただ、Android端末で録音するよりは断然良いです。音質的には使い物にはなります。

何度も繰り返しますがもう一つ注意しなければならないことがあって、サブ機能的に付いているので「ICレコーダー機能」を使うにはプレーヤーモードに移行してから、録音ボタンを押さなければなりません。例えば、何か緊急で録音しなくてはならなくなった場合にすぐ録音開始できないのです。

求めていたことは達成できているのでOK

IMG_8792.jpg
とまあ操作性に関しては気になるところが多いですが、ラジオはしっかり録音出来て、ICレコーダーにも使えるし、USB充電にも対応している。機能的には良い製品だと思います。

store.jpg




Facebookページはじめました!ブログの内容を気に入って頂けましたら「いいね!」をよろしくお願い致します。



この記事を共有できます。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/381-221ebf69
Listed below are links to weblogs that reference
ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。 from MacWin Ver.0.7

Home > メディアプレーヤー > ポータブルラジオサーバー「OLYMPUS PJ-20」レビュー。ラジオ番組をどんどん録りためて時にはICレコーダーにも。

最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。