MacWin Ver.1.0

Home > スポンサー広告 > Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/4-5af5af59
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MacWin Ver.0.7

Home > スポンサー広告 > Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。

Home > 動画(Mac) > Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。

Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。

Front Rowは、iTunes内の音楽・動画。iPhotoに登録している画像。などをApple Remoteで操作できる、Macをジュークボックスにしたようなソフトです。

Front Rowの映画予告編を日本語に

Front Rowの映画予告編を日本語にするには Front Row Trailers (ダウンロードはページ上部、Regardez les bandes-annonces en français, en allemand etc. dans Front Row grâce à Front Row Trailers v2.1.2 (321 Ko).というところから。)をインストールする。

1)サイトからFront Row TrailersをDL。
2)解凍し出来たファイル、『Front Row Trailers.prefPane』をダブルクリックして、インストール。
3)Front Row Trailerが勝手に開くので、『Front Row trailers source』のプルダウンメニューから『Apple(日本)』を選ぶだけ。


これでFront Rowで日本語版の予告編を見る事が出来る。

ちなみにこのFront Row Trailersから、Perian・Flip4Macといったコーデックを簡単にインストールする機能もあって便利。QuickTime Components欄で、install→All userを選べばOK。


エイリアスを置いて、大容量プレーヤーに

Front Rowでは、iTunesに動画が読み込まれてなくても「ユーザーホーム」→「ムービーフォルダ」の中にあるファイルも再生することが出来る。
実はこのフォルダの中にエイリアスを作っても良い。つまり内蔵ディスクの何処かに保存してある動画のエイリアスや、外付けHDDごとエイリアスにして置いてしまえば大容量HDDプレイヤーの完成となる。ちなみにFront Rowで、スマートフォルダは認識されない。

拡張子を.mp4から.m4vに変えるとチャプタが認識する

まあ、チャプタ付き動画なんてそうそうあるもんじゃないけど…。あるとすればきっと、DVDからhandbrakeなどでエンコードしたmp4動画。 せっかくチャプターを付けてエンコードしたのにFront rowで認識されないって場合、拡張子を.mp4から.m4vに変えると認識するようにはなる。

Front RowでAir Tunes

Leopardから標準機能で Front RowからAir Tunesを使うことは出来ない。
でも、 Airfoil (シェアウェア)というソフトを使うことによって一応、音楽関連だけは解決出来る。以下、設定方法。

1)Airfoilを実行し、プルダウンメニューからSystem Audioを選択。
2)すると、Soundflowerというソフトをインストールするように言われるんで、出てくるダイアログに従ってインストール。
3)Base Stationのサウンドをオンにすればコンピュータから鳴るすべての音がAir Tunesから流れ出す。

このソフト、家庭内にある別のマシンにも音を飛ばすことが出来るらしい。いや、こちらが本来の使い方かな?
ただ欠点が。Air Tunesの仕様上、接続するためのタイムラグで映像を再生する場合に絵と音がずれてしまう。(もちろん、音楽だけ聞く場合は問題ない。)

映像をながしたいとなったら、Airfoilの出力設定か、「システム環境設定」→「サウンド」→「出力」を任意に選択しなければならない。

シェアウェアなんでフリーで使ってると機能制限が。途中でノイズが入ってくる仕様。
このソフト、どうしてもLeopaedのFront RowでAir Tunesを使い、音楽を再生したいって人にはおすすめ。あと、家全体で音楽をたれ流しにしたいとか。
ていうか、標準でシステムのサウンド出力設定がBase Station選択出来ればいいんだけど。



Facebookページはじめました!ブログの内容を気に入って頂けましたら「いいね!」をよろしくお願い致します。



この記事を共有できます。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/4-5af5af59
Listed below are links to weblogs that reference
Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。 from MacWin Ver.0.7

Home > 動画(Mac) > Front Rowを活用する。映画予告編、大容量プレーヤー化、動画チャプタ、Air Tunes。

最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。