MacWin Ver.1.0

Home > スポンサー広告 > Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/428-e5ff347b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MacWin Ver.0.7

Home > スポンサー広告 > Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。

Home > システム(Mac) > Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。

Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。

TimeMachineEditor00.jpg

Time Machineがバックグラウンドで実行されているとMacが重くなります。例えば映像編集ソフトで作業をしている時には、コマ落ちなどの発生原因となってしまうのでTime Machineはものすごく邪魔になります。

残念ながら最新のMacOSでもTime Machineのスケジュール管理機能は搭載されていません。そこで「TimeMachineEditor」を使えばTime Machine開始時間をスケジュール管理でき、真夜中の寝ている間に「だけ」バックアップできる設定にできます。

「TimeMachineEditor」の使い方。2つのモード。

1. 最初にシステム環境設定のTime Machine項目から、TimeMachine機能を「切」にしておく必要があります。

2. 「TimeMachineEditor」をダウンロードしインストールします。

3. モードを選び、バックアップ時間を指定します。「TimeMachineEditor」で設定できるモードは2種類。1時間単位でバックアップスケジュール設定できる「インターバル」。Time Machineの標準機能では1時間毎のバックアップとなっていますが、それ以上の間隔でバックアップしたい時にはこちらの「インターバル」を使います。

TimeMachineEditor01.jpg

2つ目のモードは「カレンダー」。単位は毎時・毎日・毎週・毎月から選べ、時間を指定できます。自分は「カレンダー」モードで、毎日夜中の3時にバックアップするように指定しています。

TimeMachineEditor02.jpg

4. 2つのモードから選び、時間を指定したら「適用」ボタンを押して設定を完了します。



Facebookページはじめました!ブログの内容を気に入って頂けましたら「いいね!」をよろしくお願い致します。



この記事を共有できます。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://usupro.blog41.fc2.com/tb.php/428-e5ff347b
Listed below are links to weblogs that reference
Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。 from MacWin Ver.0.7

Home > システム(Mac) > Time Machineバックアップ開始時間をカスタマイズできる「TimeMachineEditor」の使い方。

最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。